きりんさんパパのあくび

共働きで二児の子育てに追われるパパの雑記。育児ネタ、簡単料理、家庭菜園、DIY、商品紹介など色々と書いています。作業療法士というリハビリの仕事をしています。

伝える技術

f:id:kirinsan-papa:20180415105526j:plain

リハビリの仕事では、患者さんに症状の説明や訓練の意味について説明をする機会が多いです。そこで気をつけているのが、相手に合わせた伝え方です。

耳の悪いお年寄りには大きな声でゆっくりと…なんてベタな工夫は当然の事ながら、伝えた方がいいのか、伝えない方がいいのか、どこまで伝えるべきか、分かりやすく例えるならどうなるか、など様々な事を考えながら患者さんと接しています。

知識をひけらかしたり、難しい専門用語を並べて相手のマウントを取ろうとする療法士はまだまだですね。細かいあれこれは治療者の方がしっかりと理解していればいいので、相手に合わせた伝え方をしっかりと出来る事こそ真のプロフェッショナルであると考えています。

「どんな病気ですか?」と患者さんに問われた時に、その病気を知らなければ患者さんに説明する事が出来ません。「どんな症状が出ますか?」と患者さんに問われた時に、症状を知らなければ患者さんに伝える事は出来ません。当たり前の事ですが、知らない事を人に説明する事は出来ないのです。今はインターネットで誰でも簡単に知識が得られるので、初めて訓練室でお会いした時点である程度自分の病気の事を知っている患者さんがほとんどです。ですので、常に研鑽して知識を磨いていかなくてはならないし、その伝え方も研究していかないといけないと思っています。f:id:kirinsan-papa:20180413170055j:image

「このお弁当を説明してみて下さい」と言われた時に、どのように説明するでしょうか。ちなみに、このお弁当は幕の内弁当です。まず、「幕の内弁当とは白飯と数種類のおかずからなる弁当である」という事を知らなければ、このお弁当が幕の内弁当であると相手に伝える事は出来ませんよね。「どんな病気か説明してみて下さい」と言われた時も同じで、全体像を理解していないと患者さんに病気を説明する事は出来ません。

次に、「どんなおかずが入ったお弁当ですか?」と聞かれた時に、なんと答えるでしょうか。上のお弁当だったらまず「エビの天ぷらが入っていて…」とか「焼き鮭の切り身が入っていて…」とか答えますよね。メインのおかずから説明した方が、利き手はお弁当の内容をイメージしやすいのです。いきなりご飯の上に載っているおしんこの話をされたらちょっと微妙ですよね。

でも、「この病気はどんな症状が出ますか?」と問われた時に、いきなりご飯の上のおしんこの話をしてしまう場合があるのです。要するに本質を捉えられていない。患者さんに説明するという事は、ただ知識があるというだけではなくて、全体像を捉えた上でメインとなる症状を分かりやすく伝える必要があるのです。 患者さんが理解出来る形で伝えるという事は、知識とは別の技術が必要なのです。

仕事でたくさんの患者さんと接します。学生を指導する機会も多いです。学会で発表もします。自分の仕事を振り返ってみると、とにかく他人に伝える機会が多い事に気付かされます。伝える事が仕事であると言ってもいいくらいに、一日中誰かに何かを伝えています。伝える機会が多いからこそ、伝える技術を磨きたい。

ブログを書く事も、アウトプットする事を通して伝える技術を磨ける事に価値を感じています。自分の考えている事を他人に伝える事。そして、それが一方通行では無くて、スターであったりコメントであったり反応を頂ける事がブログを継続するモチベーションになっています。本当にありがたい。

朝の限られた時間の中で文章を完結させる事は私にとって難易度が高く、自分の文章力の乏しさを痛感する毎日です。記事をアップした後に「ちょっとイマイチだったな...」なんて事もあるのですが、他人に読んで頂いているという事を意識した文章を心がけたいと思っています。誰か一人にでも刺さる文章を書けるように、日々精進したいと思っています。いつも読んでくれてありがとう。感謝 (^^♪

 

セブンイレブンの冷凍ラーメンはお店の味を超えるのか検証してみた!

f:id:kirinsan-papa:20180411163819j:image

セブンイレブンの冷凍ラーメン旨いですよね。私、このラーメンの大ファンで冷蔵庫には常にストックを常備しています。子供にも優しい味付けで、我が家の子供達も大好物です。  

f:id:kirinsan-papa:20180411165602j:image

麺はレンジでチンでOKだし、スープを300mlのお湯で割るだけの手軽さ。ネット界隈でもセブンイレブンの冷凍ラーメンの凄さは何度も話題になっているので、今更ではありますが、何度食べてもやっぱり旨い。クオリティの高さはさすがです。

ただ、一つだけ言わせてもらうと、ちょっとだけ具材がチープなんです。薄切りのチャーシュー、ちょっぴりのメンマ、ほとんど見えない程度のほうれん草、う~ん、百何十円で欲張り過ぎなのは分かりますが、もう少し具材も豪華にこのラーメンを頂きたい。と言う事で、今回はセブンイレブンの冷凍ラーメンに具材をマシマシしたらお店の味を超えるのか検証してみたいと思います。 

チャーシュー作り 

f:id:kirinsan-papa:20180411163927j:image

ラーメンと言ったらチャーシューでしょう。しかも、大判の渦巻きチャーシューが食べたい!豚バラ肉を糸で巻き巻きして、お店で食べるようなチャーシューを目指します。

f:id:kirinsan-papa:20180411164010j:image

まずは、表面に焦げ目が付くまでフライパンで焼いていきます。大判なのでフライパンでゴロリゴロリと転がって迫力があります。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164106j:image

一杯のお湯に酒を少々いれて一時間程度ゆでます。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164146j:image

こんな感じです。ちょっと雰囲気でてきました。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164227j:image

次にタレ作りです。酒200ml、醤油250ml、鶏ガラスープ250ml、砂糖大さじ4、はちみつ大さじ4、白ネギ、にんにく、しょうがを入れて火にかけます。煮立ったら味を調えます。   

f:id:kirinsan-papa:20180411164342j:image

チャーシューを投入してコトコトと煮込みます。大体こんな感じに色づいてきたらOKです。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164426j:image

旨そうに仕上がりました。しばらく放置して粗熱をとります。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164502j:image

ゆっくりと糸を外して... 

f:id:kirinsan-papa:20180411164539j:image

切り分ければ完成。渦巻き状の綺麗なチャーシューに仕上がりました。

メンマ作り 

f:id:kirinsan-papa:20180411164649j:image

メンマは水煮から作ります。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164750j:image

こんな感じにメンマを切りますf:id:kirinsan-papa:20180411164708j:image

醤油大さじ2、酒大さじ1、砂糖少々をまぜます。

f:id:kirinsan-papa:20180411164726j:image

そこに、創味シャンタン(ウェイパーでも同じ)をティースプーンに山盛り一杯加えます(作り方が雑ですみません)。 

f:id:kirinsan-papa:20180411164855j:image

ごま油を入れてフライパンを熱します。

f:id:kirinsan-papa:20180411164915j:image

タケノコを軽く水洗いして水気を切ったら... 

f:id:kirinsan-papa:20180411164940j:image

プライパンで軽く炒めます。 

f:id:kirinsan-papa:20180411165338j:image

程よいところで水200mlと先ほど作った醤油、酒、砂糖、創味シャンタンも加えます。 

f:id:kirinsan-papa:20180411165502j:image

煮詰めていきます。 

f:id:kirinsan-papa:20180411165527j:image

煮詰まってきてタケノコが色づいてきたらみりんを少々加えて完成です。

半熟の味玉作り

私、半熟の味付け卵が大好きです。 以前にこんな記事も書いています。とにかく絶対に失敗しないで、半熟の味付け卵を作る事が出来ます。 

kirinsan-papa.hateblo.jp

f:id:kirinsan-papa:20180412055007j:plain

常温の卵を熱湯に入れて5分50秒。黄身の素敵な輝き。超簡単なのでお試しあれ。 

実食  

f:id:kirinsan-papa:20180411165602j:image

before 

f:id:kirinsan-papa:20180411165622j:image

after

どうですか? 海苔も加えてやりました。見た目は完全に別物のラーメンに仕上がっています。で、実際のお味は...

旨い!

と、言うかベースのセブンイレブンの冷凍ラーメンが好きなんだから、旨いに決まっています。具材が豪華過ぎますしね、旨くない訳ない。

お店の味を超えたかと言うと、

プロのラーメン屋なめんなよ! 

って感じですかね。すみません、タイトルで煽り過ぎました。 めっちゃ美味しく出来上がりましたが、家庭の味は脱しきれませんでした~。

結論、どんなに具材を豪華にしても、セブンイレブンの冷凍ラーメンの味は良い意味で変わらない。安心のクオリティーって事でおしまいです(^^♪

 

【お絵かき】自分のお子さんがどこから絵を描き始めるか知っていますか?絵を描くという作業には成長のヒントがたくさん詰まっています。

「このイラストを画用紙一杯に書いて下さい」と自分のお子さんに言ったら、どこから書き始めると思いますか? 

f:id:kirinsan-papa:20180410103920j:plain物の見方にはお子さんそれぞれに傾向があって、年齢が上がってゆくに従って広い範囲を、細部を、観察できるようになっていきます。

リハビリでお子さんの絵を描く様子を観察していると、とっても興味深いんですよ~。真ん中から描いていく子、端っこから描いていく子、ず~っとブドウだけを描き続ける子、中にはバナナを赤く塗る子も、本当に個性豊かでいつも「そうきたか~」なんて思いながらいつも見守っています。

リハビリでは絵を描く事を通して色々な事を評価しているのですが、概ね以下のような事を重点的に評価しています。  

子供の観察ポイント

①見え方の傾向

②物の認知

③注意力

④指先の器用さ

脳の発達や指先の機能の発達に伴って年齢が上がるにつれてだんだん上手になりますし、その子供の個性でもあるのでそんなに気にする必要もない事が多いのですが、中には年齢の割に「あれ?」という場合もあるので、そんな時は適宜パパママにその子の特徴などをアドバイスするようにしています。 

例えば、 

見え方の傾向

どこから描き始めるのか、同じ部分だけ描いてないか、画用紙のサイズに対して適切な大きさで描けているか、などを見ていきます。ず~っと一か所だけに固執していたり、画全体のバランス感覚が悪いと、「ちょっと物の見え方に偏りがあるのかな~」とか「立体が苦手そうだな~」なんて評価をしてパパママに伝えてあげるのです。「障害があります」という事ではなくて、「小学校の高学年や中学生になった時に、もしかしたら図形の問題でつまずく事があるかもしれません。その時はここで聞いた事を思い出してみて下さいね。」と伝えます。お子さんの物の見え方の傾向を伝えてあげる事によって、親御さんはその点に注意をしながら子育てをする事が出来るのです。事前に情報がある事によって苦手な部分が目立って来た時には迅速に専門家に相談する事が出来ますし、苦手が分かっていれば事前に対策をする事も出来ます。例えば、パズルなんて物の全体を見る事が苦手な子供のリハビリ課題にはぴったりですよね。 

物の認知

物体を意味のある物体として認識しているか。例えば、バナナは果物であるとか、黄色い皮をむいて食べる果物です、とかです。もちろん、バナナを赤く塗ってもいいんですよ。ただ、年齢や全体の状態を評価して気になるようでしたら親御さんにお伝えするようにします。「バナナが黄色い果物である」という事が小学校に上がる頃に理解出来ていなければ、個性と言えども一般的には正常発達から少し外れていると判断できるからです。

注意力

集中して絵を描く事が出来ているか、ちょっとの音で気が散らないか、画の全体に気を配れているか、絵の細部はどの程度描けているのか、などです。一般的に注意力が無いというと「うっかりさん」なイメージを持たれるかも知れませんが、医療の世界における注意力とは結構奥深くて、様々な動作のベースになる機能でもあるので特に注意深く観察します。 

指先の器用さ

鉛筆の持ち方が正常かな、筆圧はどうかな、枠をはみ出さずに力をコントロール出来ているかな、なんてところを見ています。意外かも知れませんが、指先の器用さと脳の発達は密接に関係していたりするのです。

ご自宅でお子さんのお絵かきを観察する時、「どこから塗るかな?」なんて気にしてみると思いもよらぬ発見があるかも知れませんよ (^^♪